葬儀の多様化と遺言の意義~葬儀の最新トレンドは家族葬~

家族葬という選択

気が安まらない葬儀の後

家族葬が選択されるのは、故人が高齢でほとんど参列者が見込まれない場合とか、故人の遺志で参列者に迷惑をかけたくない、葬儀を大げさにしたくないという場合に選択されます。ほとんど参列者が見込まれないという場合は葬儀の後に弔問客が自宅を頻繁に訪れるということはほとんどありません。 故人の年齢が若かったり、交際範囲が広いというときには葬儀後、続々と自宅に弔問客がやってくるという問題があります。弔問客が訪れるたびに、その応対も大変でお客様が訪れるたびに故人のことが思い出され、かえって遺族の心が休まらないということになってしまいます。 葬儀は故人を葬るという役割を果たすとともに、関係者に死を確認させる機会としても機能をしています。そのためその死を知らなかった関係者が自宅に向かうのです。

家族葬を選択するべきか

家族葬をしたいという故人の意思があった時、遺族は意志に従い家族葬を選択します。上で書いたようにこの家族葬を選択した時に、様々な問題が発生してくるのも間違いのない事実です。 葬儀後の弔問客が多くあるという場合には、家族葬ではなく一般的な葬儀を上げるほうがはるかに楽かもしれません。遺族は葬儀後の状態が、どうなるのかということをよく考え選択をすることが大切です。 また故人の意思を尊重し家族葬を選択した場合、葬儀後故人を偲ぶ会のような形で葬儀に代わる機会を設けることも大切なことになります。 家族葬をするか一般的な葬儀をするかどうかは、参列者の見込めない高齢者の場合と参列者が多く訪れることが予想される場合とでは、はっきりと区別して考える必要があります。