葬儀の多様化と遺言の意義~葬儀の最新トレンドは家族葬~

葬儀では工夫

最近のトレンドとなっているのはやっぱり家族葬

そのうち、両親が亡くなったら家族葬をしたいと考えている人はいませんか。家族葬といえば、言葉の通り家族や親族、そしてとても親しかった友人だけで故人を送り出す葬儀ということになります。この家族葬は、本当に親しかった人たちだけで故人の死を悼む葬儀です。 家族葬を行う場合は、弔問客などに気を使う必要がないのが大きなメリットです。泣きたければ大きな声で泣くこともできるでしょう。故人とお別れする時間を多く取れるのも素晴らしい点です。 それに、費用の方も工夫して節約すれば、だいぶ安くすませることができます。葬儀というものは、小じんまりした家族葬であってもそれなりにお金がかかるものです。ですから、いろいろと工夫をして安い費用ですませることができれば後で助かることになります。

あなたは、お葬式にもトレンドが存在することを知ってますか。最近のトレンドといえるのは、やっぱり家族葬です。お金のかかる盛大なお葬式をするよりも、ごく親しかった人たちだけでお金をかけずにゆっくりと故人との別れを惜しみたいという人たちが増えています。 ただし、この家族葬では、周囲の人たちが「自分は葬儀に参列してもいいのか」を判断することが極めて難しいという問題があります。自分は親しい友人だったつもりでも、家族や親族だけしか参列してはいけないのかもしれないからです。 家族葬というものは、親しかった友人も葬儀に呼ぶのかどうかはケースバイケースとなっていることが多いです。そのため、葬儀に参列していいのかどうかは、やはり遺族に直接聞いてみるしかないということになってきます。